牛街清真寺の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

牛街清真寺 (ギュウガイセイシンジ)
牛街清眞寺 (ニューチー・ジンテンスー)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/10/slick_Ox-Street-Mosque-_100-1080x723.jpg

概要

イスラム街のシンボル、現存する北京最古のモスク


北京の南西に位置する牛街(ニウジエ)は1000年の歴史を持つイスラム人街である。
北京には1万人のイスラム教徒が住んでおり、その精神的な拠り所であり街の中心となるのが、北京最古のモスクといわれる牛街清真寺である。
正式名称は、清真古教寺。清真はイスラムを意味する。

イスラム文化と中国文化が入り混じったエキゾチックな建築物が見られる。
牛街清真寺は、996年に建設され、遼から明、清の時代を通して拡張、改築を重ね、現在では6000平方キロメートルの敷地を持つ。

礼拝が行われる金曜には、大勢の信者が訪れる。男女でわかれた礼拝堂での礼拝の様子を、外から見学することができる。
信者以外は、基本的に、礼拝堂への入館は不可。
売店では、イスラム教徒のためのグッズのほか、お土産も売っている。

北京旅行者の必読記事

人気記事

外貨両替窓口
北京のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク