スポンサーリンク

恭王府の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

恭王府 (キョウオウフ)
恭王府 (ゴンワンフー)

2017/05/05 更新

Gong Wang Fu Residence

概要

清時代の皇族の邸宅と美しい庭園

Gong Wang Fu Residence

1777年に建設され、200年以上に渡って非常によい状態で保存されている清時代の豪華な邸宅跡。
もとは、清の6代皇帝乾隆帝の家臣であった和坤(わこん)という貴族の邸宅であったが、権力を持ちすぎた和坤は失脚させられ没収された。
その後、清の8代皇帝の第6子恭親王奕訢(えききん)の邸宅となった。1927年に奕訢の子孫から教会が譲り受け、一時期学校として使われたが、現在は修復をしながら一般公開されている。

広大な敷地の南側にはいくつのもの建物が立ち並び、回廊でむすばれている。
池の中にも建物が建てられている。北側には美しい庭園が広がる。

翠錦園という庭園と邸宅の一部が公開されている。
ツアーガイドつきの通し券を買うと見学できない場所がいくつかある。
京劇などの催しが行われていることもある。

北京の危険対策


(Photo by Ana Paula Hirama Ana Paula Hirama)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク