スポンサーリンク

瑠璃廠でのお土産情報、行き方、営業時間

瑠璃廠 (ルリショウ)
琉璃厂 (リウリーチャン)

2017/05/05 更新

Liulichang

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

歴史漂う文化街

Liulichang

北京市の平和門に位置する瑠璃廠。
元、明の時代に、瑠璃焼の工場があったことにちなんで瑠璃廠と名付けられた。
清の時代には、書物、墨、硯や、書道、書画骨董品を売る人が増え、伝統文化作品の取引が盛んに行われる場所となった。
その名残はいまも続き、文房四宝と呼ばれ大切にされてきた、筆、墨、紙、硯の専門店や、印章、書画などの骨董品などを販売する店が軒を連ねている。

中でも1672年の創業以来変わらず、多くの文人墨客が訪れることで有名な栄宝斎は、政府から認められているという意味を示す、中華老字号の称号を持つ老舗店だ。

見どころ

レトロで落ち着く街並み

Liulichang

約400メートルにわたって続く瑠璃廠。
通りの両側には、清の時代の街並みを再現して作られた伝統的な建物が並ぶ。
赤と瑠璃色が鮮やかな色の建物はどこか懐かしく、また、通りには四季折々の花が咲き乱れ、ゆったりと散策するにはぴったりな通りだ。

文具店や骨董品店が並ぶ通りにあってゆっくりと一休みできるおすすめのお店が、中国茶専門店の汲古吸閣茶苑だ。
店内は、レトロな内装で中国家具が並び、落ち着く空間となっている。
好みのお茶を選んで、木々に囲まれた静かな街並みを眺めると、タイムスリップしたような気分が味わえる。

北京旅行者の必読記事

(Photo by Endworld Shi katamiko)

人気記事

北京のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク