北京のお土産ショッピング人気ランキング

ショッピング

117件

Wangfujing Street

1

王府井大街

北京一の繁華街

東長安街から中国美術館まで南北に伸びる全長1600メートルのエリア。 王府井大街は、故宮博物院の東に位置しており、故宮を挟んだ西にある西単と並び北京を代表する繁華街だが、若者の流行の発信基地としての西単と比べ、王府井は長い歴史の元に、国内外の知名度も高く、北京最大の繁華街と称される。 伝統的なものと新しいもの、高級品から庶民的なもの、東洋のものから西洋のものまで、まさに古今東西何でも揃うと言われている。

Liulichang

2

瑠璃廠

歴史漂う文化街

北京市の平和門に位置する瑠璃廠。 元、明の時代に、瑠璃焼の工場があったことにちなんで瑠璃廠と名付けられた。 清の時代には、書物、墨、硯や、書道、書画骨董品を売る人が増え、伝統文化作品の取引が盛んに行われる場所となった。 その名残はいまも続き、文房四宝と呼ばれ大切にされてきた、筆、墨、紙、硯の専門店や、印章、書画などの骨董品などを販売する店が軒を連ねている。

Niujie

3

牛街

北京のイスラム教の街

牛街は中国の少数民族の一つである回族、すなわち中国人イスラム教徒が暮らしているエリアだ。 北京市の外城の西側に位置し、中国最古のイスラム教寺院、牛街清真寺の周り一帯に広がる牛街。 かつては、古い平屋が並び狭い路地が入り組んだ、他の地域とは明らかに違う雰囲気だったが、近年、道路は拡張され、いくつかの高層マンションやショッピングセンターが建ち、その面影はなくなりつつある。

スポンサーリンク

Pan Jia Yuan Antique Market

4

潘家園旧貨市場

中国全土からお店が集まる、巨大フリーマーケット

5万平方メートルの敷地に4千を超えるお店が並ぶフリーマーケット「潘家園骨董市場」は、中国のトップ10にランキングするアンティーク市場としても有名。 かつては、中国人の骨董マニアが集まる知る人ぞ知る場所であったのが、今では中国国内をはじめ世界中から観光客が集まる、中国の重要な観光スポットの一つになっている。 各国の著名人も多く訪れている。

Family Fu's Tea House

茶家傅

たまには時間を忘れてゆっくりしよう

北京市西城区にある美しい湖、后海(ホウハイ)を臨む八角形の建物の茶館。その形から別名「八角傳」とも呼ばれている。 2001年にオープンし、オーナーの傅さんが集めた本物の明清代のアンティーク家具や紫檀の調度品などが並び、格調高い雰囲気で、国内のみならず観光客にも人気の茶館である。

no-image

南恩百货

no-image

东方广场

スポンサーリンク

no-image

北京图书批发交易市场

no-image

地安门百货

no-image

创可贴T恤798艺术区店

スポンサーリンク

スポンサーリンク